遥か、もち巾着。

もしもって思ったら何かが変わるわけでもないし

チェコフィルの《我が祖国》で辿るチェコ(チェコスロヴァキア)史

アール・ヌーヴォーの旗手として名高いチェコ生まれの画家・デザイナー、アルフォンス・ムハ(ミュシャ)は《チェコ音楽の殿堂》という絵を残している。

f:id:h_moll_op74:20200706113308p:image

アルフォンス・ムハ《チェコ音楽の殿堂》1929、 977×1229mm、油彩、個人蔵

ベドジフ・スメタナは中央に座し、まっすぐと前を見据えている。その脇にはアントニン・ドヴォジャークが寄り添う。その他ははっきりとしないが、ムハの旧友レオシュ・ヤナーチェクチェコ国歌《我が家は何処や》を作曲したフランティシェク・シュクロウプ、ズデニェク・フィビフなどの作曲家らが描きこまれているものと思われる。

 

少年時代、聖歌隊に所属していたムハは音楽への造詣も深かったのだろう。1905年。既にパリで大きな成果を収めていた彼は、渡米中の船内で読んだチェコの歴史家アロイス・イラーセクの『すべてに抗して』をきっかけにスラブ民族の歴史を題材にした作品を描きたいという野望を抱く*1。その意欲は1908年秋、ボストン交響楽団のコンサートでスメタナの連作交響詩《我が祖国》を聴いた*2ことでより高まった。1911年に着手されたその作品—全20点からなる《スラブ叙事詩》が一応の完成を見たのは1928年のこと。第一次世界大戦の開戦(1914)と終戦(1918)、それに伴うハプスブルク君主国の崩壊とチェコスロヴァキア独立といった状況の中、この絵画は描かれたのである。

f:id:h_moll_op74:20200706115128j:image

アルフォンス・ムハ《原故郷のスラブ民族》1912、6100×810mm、テンペラ・油彩、プラハ市立美術館

f:id:h_moll_op74:20200706115132j:image

アルフォンス・ムハ《ベツレヘム礼拝堂で説教をするヤン・フス氏》1916、6100×810mm、テンペラ・油彩、プラハ市立美術館

 

f:id:h_moll_op74:20200706115135j:image

アルフォンス・ムハ《スラブ民族の賛歌》1926、4800×4050mm、テンペラ・油彩、プラハ市立美術館

 

ハプスブルク君主国の終焉とチェコスロヴァキアの独立

f:id:h_moll_op74:20200716120341p:image

ヴァーツラフ・タリフとチェコ・フィルハーモニー管弦楽団(1919)

ハプスブルク君主国から独立を勝ち取った新生の共和国に託した絵画がおおよそ完成した*3その年、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団は初めてのレコーディング*4を遺している。その曲こそが《我が祖国》であった。タクトを執ったヴァーツラフ・タリフ(ターリヒ)は1903年にアルトゥル・ニキシュの推薦でベルリン・フィルコンサートマスターとなるが、彼の指揮するリハーサルの時に指揮者になることを決心した*5という。

 

ヴァーツラフ・タリフ/チェコ・フィルハーモニー管弦楽団(1928)

タリフ46歳の録音である。音質はもとより弦のポルタメントなどにも時代を感じさせるが、演奏内容はなるほど充実している。快活に前進するテンポ、伸びやかな音色はなかなかのもの。

ポルタメントも「ヴルタヴァ」の川の精のシーン、「シャールカ」のシャールカとツチラトのシーンなどでは妖艶さを演出する一要素となっている。

 

チェコスロヴァキア解体

f:id:h_moll_op74:20200716121154p:image

ボヘミアモラヴィア保護領時代のチェコ・フィルハーモニー管弦楽団

1932年、隣国ドイツでナチ党が政権を獲得する。1938年にオーストリアを併合したナチス・ドイツの野心はチェコスロヴァキアへと向けられる。チェコスロヴァキアはズデーデン地方にドイツ系住民を抱えており、ナチはこれを重要な駒として利用した*6。そして1939年、チェコスロヴァキアは解体される。チェコベーメン・メーレン保護領としてドイツの支配下に置かれ、スロヴァキアは「スロヴァキア共和国(スロヴァキア独立国とも)」という名のドイツの傀儡国となった*7。しかし、ナチス・ドイツ支配下プラハにおいても《我が祖国》は演奏されている。

 

ヴァーツラフ・タリフ/チェコ・フィルハーモニー管弦楽団(1938)

プラハの春音楽祭での演奏。演奏後、万雷の拍手の中チェコ国歌《我が家は何処や》が自然発生的に歌われ始め、やがて大合唱となる。チェコスロヴァキアという祖国を失った直後の人々が《我が祖国》に、《我が家は何処や》に託した思いを考えると単なる歴史の1ページ以上の重みを感じる録音である。

 

終戦、そして社会主義クーデター

戦争は終わった。再びチェコスロヴァキアとして歩み出した共和国は共産党のクーデターによって事実上の社会主義国となる。1948年のことである。このときチェコフィルの首席指揮者であったラファエル・クーべリックは英国へ亡命してしまう。

 

カレル・シェイナ/チェコ・フィルハーモニー管弦楽団(1950)

カレル・シェイナは長らくチェコフィルの副指揮者を務めた指揮者。クーベリックが亡命した後空席となった首席指揮者の座は一時的に彼が穴埋めすることになる*8。演奏内容はオーソドックスながらも随所に熱を感じる快演といえる。

 

束の間の「春」

2年間の首席指揮者の不在ののち、その座にはプラハ放送交響楽団の指揮者であったカレル・アンチェルが就くことになる。彼の徹底した指導の下、チェコフィルはさらなる飛躍を遂げる。

 

カレル・アンチェル/チェコ・フィルハーモニー管弦楽団(1963)

引き締まった空気と熱さの双方を持ち合わせている名演。「ヴルタヴァ」の聖ヤンの急流からフィナーレの高揚感は格別だし、「ヴィシェフラト」や「ボヘミアの森と草原から」の穏やかな緩徐部でも決して隙は見せない。数ある《我が祖国》の中でも一番に名前をあげたい程お気に入りの演奏。

 

1968年、チェコスロヴァキア共産党第一書記に就任したアレクサンドル・ドゥプチェクは「人間の顔をした社会主義」と称し、自由化を遂行する。所謂「プラハの春」である。この年の「プラハの春音楽祭」(同名なので若干ややこしいが)はそんな中で行われた。

 

カレル・アンチェル/チェコ・フィルハーモニー管弦楽団(1968)

プラハの春」の年のプラハの春音楽祭オープニングである。無駄のない、それでいて熱のこもった演奏と言える。やや危うい箇所もあるがそれもライブならでは。

 

しかし「春」は長くは続かなかった。同年8月20日ソヴィエト連邦率いるワルシャワ条約機構軍はチェコスロヴァキアに侵攻したのち同国を占領。チェコスロヴァキアは「正常化」を余儀なくされる。そしてアメリカに演奏旅行中だったアンチェルはそのまま亡命してしまう。

 

社会主義政権の下で

アンチェルに代わりチェコフィルのシェフの座に就いたのは、当時ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団音楽監督であったヴァーツラフ・ノイマンだった。ノイマンはツアーやスプラフォンのレコーディング、ラジオやテレビでの放送を精力的に行った*9チェコフィルは世界的な名声を得るのである。

 

ヴァーツラフ・ノイマン/チェコ・フィルハーモニー管弦楽団(1975)

ノイマンらしい、堅実にして精緻な演奏である。奇を衒うことはしないが細部を上品に仕上げる姿勢には好感が持てる。曲の良さを引き出した演奏と言える。

ノイマンの《我が祖国》の中でも気に入っている盤。

 

またヴァーツラフ・スメターチェクも派手ではないが優れた演奏を残している。

 

ヴァーツラフ・スメターチェク/チェコ・フィルハーモニー管弦楽団(1980)

プラハ交響楽団の指揮者であったスメターチェクだが、《我が祖国》の録音はこれしかないようだ。真摯に曲に向き合うアプローチによる隙のなさが垣間見える。いぶし銀、とでも言いたくなるような魅力がある演奏。

 

遅れてきた「春」〜ビロード革命

f:id:h_moll_op74:20200716120613p:image

ラファエル・クーベリックチェコ・フィルハーモニー管弦楽団(1990)

ゴルバチョフによる「ペレストロイカ」、ポーランドハンガリーでの共産主義放棄、汎ヨーロッパピクニック、そしてベルリンの壁崩壊。東側諸国での自由化の波はチェコスロヴァキアにも波及する。1989年11月以降民主化勢力はゼネストやデモを繰り返し*10、体制側は話し合いによる解決を模索するようになる。そして民主化を約束するに至るのである。

この時ノイマン民主化勢力側に立ち、学生らのために《我が祖国》やドヴォジャークの《スターバト・マーテル》、学生歌《ガウデアムス》を演奏した*11という。

 

翌1990年5月。民主化後はじめてのプラハの春音楽祭のオープニングで指揮台に立ったのはラファエル・クーベリックであった。チェコフィルを振るのは、そして祖国に帰るのは実に42年ぶり*12だった。

 

ラファエル・クーベリック/チェコ・フィルハーモニー管弦楽団(1990)

この演奏のモニュメント的性格だけで感動できてしまいそうなのだが、大変充実した演奏である。ライブ故「ヴルタヴァ」や「シャールカ」等でアンサンブルが危うい箇所もあるがそれもまた一興。「シャールカ」のクラリネットソロは大健闘しているしダイナミクスやテンポにも結構拘っていたりと、単なる歴史的価値以上のものがある。

 

「離婚」とそれから

チェコスロヴァキアでは民主化以前からチェコとスロヴァキア間の対立が問題となっていた*13。このことは国名にハイフンを入れるかどうかを巡る論争(ハイフン戦争)によく表れている。

結局、チェコスロヴァキア(1990年以後は「チェコおよびスロヴァキア共和国」)は1992年12月31日をもって連邦制を解消、別々の共和国として歩むことになる。「離婚」後の両国間関係は良好だという。

さて民主化と連邦解消後、チェコフィルもまた新たな展開を見せているように思える。

 

1997年にはおそらくチェコ人以外ではじめて、小林研一郎チェコフィルと《我が祖国》の録音を残している。

 

小林研一郎/チェコ・フィルハーモニー管弦楽団(1997)

コバケンの指揮は評価、或いは好き嫌いが分かれる傾向にあるようだ。しかし《我が祖国》に限って言えばその個性は良い方向に働いているように思える。「シャールカ」や「ターボル」、「ブラニーク」の強奏のエネルギーには脱帽。かなり好きな演奏である。

 

そして2002年には小林研一郎プラハの春音楽祭のオープニングに東洋人としてはじめて指揮台に立つことになる。

 

また、ノイマンの跡を継ぎ、2012年には再びチェコフィルのシェフとして帰ってきたイジー・ビェロフラーヴェクも貫禄ある好演を残している。

 

ジー・ビェロフラーヴェク/チェコ・フィルハーモニー管弦楽団(2014)

《我が祖国》を何度も演奏してきた指揮者とオーケストラなだけなことはある、淀みなく流れる音楽はとても心地よく聴くことができる。この曲は極端な味付けはしなくとも十分に堪能できるということを示してくれる演奏である。

 

2017年、ビェロフラーヴェクの急逝は衝撃的なものであった。突如シェフを失ったチェコフィルのこれからが少々心配になったものだが、新たに音楽監督となったセミヨン・ビシュコフとのコンビは評価も高いようで一安心である。来日公演の折には《我が祖国》を演奏している*14が現時点での録音はない。《我が祖国》でなくとも、ビシュコフ/チェコフィルの演奏は一度聴いてみたいものである。また首席客演指揮者にはトマシュ・ネトピルとヤクブ・フルシャという2人のチェコの俊英を迎えた。激動の20世紀チェコとともに歩んできたチェコフィル。今後とも目が離せないオーケストラである。

 

*1:ミュシャ展』、国立新美術館、2017年、232頁。

*2:ボストン交響楽団アーカイブより、1908-09シーズンを参照したところ少なくとも10月に「ヴルタヴァ」の演奏を行なっている。https://cdm15982.contentdm.oclc.org/digital/collection/PROG/id/99633

*3:正確には《スラブ叙事詩》は未完成である。《スラブ菩提樹の下でおこなわれるオムラジナ会の誓い》は一部人物のディティールが描きこまれておらず、1928年の展覧会でもこの作品のみが展示されなかった。

*4:ヴァツラフ・ターリッヒ指揮/チェコ・フィル スメタナ:我が祖国(全曲)、opus蔵 OPK2075ブックレット(山崎浩太郎)

*5:安田和信「ヴァーツラフ・ターリヒ」、200CD指揮者とオーケストラ編纂委員会編『200CD指揮者とオーケストラ』、立風書房、1995年、203頁。

*6:薩摩秀登『物語 チェコの歴史』、中央公論新社、2006年、240頁。

*7:同上、232頁。

*8:高橋綾『カレル・アンチェル 悲運に生きたマエストロ』、アルファベータブックス、2018年、81頁。

*9:チェコ・フィルハーモニー管弦楽団公式ホームページよりhttps://www.ceskafilharmonie.cz/en/about-us/history/ (2020/07/15閲覧)

*10:プラハ 強硬策に高まる反発『デモの学生死亡』の情報も」、信濃毎日新聞、1989年11月20日朝刊海外面。

*11:前掲のチェコ・フィルハーモニー管弦楽団公式ホームページより

*12:同上

*13:薩摩、前掲書、234-235頁。

*14:ジャパン・アーツ公式ホームページよりhttp://pre-japanarts.sakuratan.com/news/news.php?id=4219 (2020/07/30閲覧)